プラチナ500gを田中貴金属で売却

2020年に購入した、プラチナが価格が上昇し4000円/1gに接近してきたので、売却しました。
1年も経過せず、無税の範囲の50万円にちょうど収まる収益です。(これで2回目のプラチナ売却です)2014年以来6年以上プラチナは金の価格を下回っており一時金の価格の半分程度になりました。ややプラチナが盛り返し、今は6割程度となっています。
プラチナの比重は21.45でずっしし重たいです。金(19.32)、銀(10.50)より重たいです。

また田中貴金属のWEBサイトでは、プラチナの希少性について以下の記載があります。
「プラチナは、遠い昔、地球に飛来した隕石によってもたらされたとの説が有力で、採掘量が限られています。世界のプラチナの年間供給量は約200トン。これは金の約1/19です。
また、有史以来の総生産量も、約7,200トン(田中貴金属推定)。これは、金の約1/26の量。その希少性の高さは金を、はるかにしのぐのです。」

金は、宝飾品や投資の対象ともなるのですが、車の排ガスの触媒等の産業用の比率が低く、EV等が主流となれば、より産業用需要が減るものと思われます。
保守的な投資家としては、3000円/gを割ればプラチナは魅力的に見えます。
現在4000円前後ですが、また可能性は低いですが再々度3000円を割れば購入したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA